ミトコンドリアの役割

私たちの体の細胞は核と数種類の小器官で構成されており、ミトコンドリアは小器官の一つです。

細胞内に占める割合は最大で3割とされますが、老化とともに減少していきます。

ミトコンドリアの役割は、血液中の酸素と糖を化学反応させて体を動かすエネルギーを作り出すことです。

このミトコンドリアなくして私たちは生きることができず、その数と質が若さと運動能力をきめているのです。

しかしながら、この化学反応のとき活性酸素も作りだしてしまいます。

ある研究によれば、体内の活性酸素の8割以上をミトコンドリアが作っているそうです。

またミトコンドリアの量が少なくなるほどに、そして質が劣化するほどに活性酸素の量は増えていきます。

激しい運動をすると大量の酸素が肺から血液に取り込まれますが、ミトコンドリアがたくさんあれば比較的効率よくエネルギーに変換されます。

つまり息があがることなく、体内で発生する活性酸素の量も少ないのです。

一方でミトコンドリアの数が少ないと、すぐに息があがってしまい活性酸素も大量に発生してしまいます。

ミトコンドリアは皮膚の細胞にも当然あって、すなわち肌の若さにも非常に関係しています。

スキンケア 通販で若い肌を保つための商品を探してみるのも良いと思います。